不思議なまち尾道のほげほげ散歩記録。" />

不思議なまち尾道のほげほげ散歩記録。

公開日: : 最終更新日:2016/02/28 アイカ 記事

こんにちは、あいかです。

 

いやいや、怒濤の尾道3日間が終わりました!

 

記事をかく前に尾道の場所がわからない方のために。
8510岡山県寄りの広島県です。

 

本当にあっとゆうまでした。

尾道は3日間じゃ足りないとゆう事がわかった。

次は夏かな〜。

その前にも行きたいなぁ。

 

写真がいっぱいなので貼っておきます。

ユウジ君の写真熱は大分冷めきってたのであたしが好きな感じで撮ってました。

それにしても周りは以前に増してカメラ女子がたっくさんいた。

 

今日は特に印象に残っている場所をみなさんにご紹介します^^

『』の中の太字になっているところにLINK先貼っておくのでよかったら覗いてみてください^^

 

 

3日間お世話になったのは『あなごのねどこ

12788096_1178219655556576_1369183627_n
12767439_1178219645556577_585063413_n奥がゲストハウスになっていて、正面には『あくびカフェ』があります。

 

すべて、漫画家のつるさんという方を筆頭に作られた古民家を改装した場所。

いちお自分の家を改装し、住んでいる身として元々興味はありましたが、その完璧の出来に言葉なくしました。

圧巻。

本当にここまでできちゃうもんなんすね。

 

尾道を舞台にしたマンガなので是非、移住や空き家改装などに興味がある方は読んでみてください。

あたし的につるさんの奥様に興味を抱き、実際に挨拶だけでしたがお話できてよかったです。

寝床長のそうちゃんとも飲みにいったり、改装中のお家を見せてもらったりとお世話になりました。

SONY DSC同い年なこともあり、そうちゃんの存在はユウジにとってとても支えになっているんだろうなぁと感じました。

これからもユウジのこと宜しくね^^

 

 

そして、あなごのねどこの奥にひっそりとある『紙片

あ、シヘンと読みます。

あたしはずっとカミガタと読んでました。

S__2965533本好き、音楽好き、なんか疲れちゃったどこいこうでも人間と関わるのめんどくさいなちょっと静かな空間にいきたいな、とゆう人にはピッタリの空間だと思います。

紙片さんについては後日ひとつの記事としてまた紹介したいと思います。

それくらいあたしはこの空間がすきになりました。

 

 

そして因島にある『はっさく屋

SONY DSCここのはっさく大福が超絶においしくて大好きなんです。

群馬に送ろうと頼んだところ、3月末まで予約でいっぱいだそうです。

尾道に来た際には、是非チャリンコ借りて因島まで遊びに行って頂きたい。

SONY DSCいちご大福もとってもおいしかったです。

途中にはしまなみ街道もありサイクリングにはもってこいの贅沢な場所にあるので休憩するなら絶対にはっさく屋。

 

 

そして休憩したあとは因島から下ってすぐ右手の角にある『立花食堂』でランチはいかがでしょう。

SONY DSC
SONY DSCここも古民家を改装してつくられた場所。

年齢問わずだれでも行ける雰囲気です。

散歩していた知らないおばちゃんにゴリ押しされたので行ってみたのですが、行ってよかったです。

 

この日の日替わりランチは生姜焼き。

SONY DSCこのボリュームで1000円とゆうなんとも嬉しいお値段。

あたし的に生姜のお味噌汁がすごくおいしかった。

向島すてきです。

 

 

そのあとはおやつを求め、山をのぼって『USHIO CHOCOLATL』に行きましょう。

SONY DSCUSHIOさんのことも後日ひとつの記事にして紹介します。

ファンキーな移住者3人組で1から作ったチョコレート工場。

今や向島の人気スポットになってます。

 

 

珈琲のみながらちょっとゆっくりしたいなぁとゆう時は『satie

SONY DSC23歳のヒロシ君がひとりで経営しています。

ここも改装した空間。

寒いひについつい足を運びたくなってしまうそんな感じ。

 

この日はお客さんが帰られた後、ユウジとヒロシ君でfishmansのナイトクルージングをセッションしてくれました。

SONY DSCギターとカホン。

そこにヒロシ君の歌声をのせる。

あたしも思わず口ずさんでました。

いい時間だったな〜。

帰りのバスではもちろんナイトクルージング。

 

 

ほかにも紹介したいところいっぱいあります。

とゆうか、写真には決して収められない尾道の空気を感じてほしいとゆうのがいちばんです。

 

 

2日目の夜に『香味喫茶ハライソ珈琲』の店主の吉崎サンとお話させて頂いたあの時間はあたしのなかでものすごく嬉しい時間でした。

ハライソの空気感は特に写真には収められません。

ユウジがあんなに嬉しそうに誰かと話しているところを久しぶりに見ました。

ユウジの近くに吉崎サンがいてくれて本当に良かった。

 

 

前回、尾道に来たときは人に出会うとゆうよりは多くの場所に行って写真に収めてましたが、今回はいろいろな場所に行きたくさんの人に出会いました。

なのでものすごく充実したしあわせな時間でした。

よそ者のユウジがすっかりその場のなかにしっかりと存在していた事がとても嬉しかったです。

 

尾道とゆう場所はユウジも言ってましたが、とても不思議なステキな場所です。

S__2965583
SONY DSC〈パソコンでこのブログを見てくれてる人ならこの場所にピンッとくるはず。〉

 

空き家改装にものすごく力を入れてることはもちろん、まず人間が良い。

SONY DSC見知らぬ相手でも必ず足を止めて話を聞いてくれ、少し話すと共通の知人が何人もいて、もう少し話すと連絡先の交換を自然にしてる。

そんな事がふつうにあります。

 

なので年齢関係なくみんなが同じ上に立っているとゆう感じをものすごく受けました。

とても優しい空間です、尾道って。

年々移住者が増えたり、空き家を改装してお店を作ったり、メディアが取材しに来たりしてるのも当たり前だなと思いました。

たったの3日間でしたが、群馬にはない人と人との繋がりを目の当たりにしてビックリと同時に少し悲しくもなりました。

期待はしていませんが、あたしの生まれ故郷もそんな風だったらいいのにな、とまた責任放棄してこの話は終わります。

 

写真に収めたいと思う場所もたくさんあり、尾道の人間ともっと話しをしてみたいと思わせてくれる人もいたり、とにかく良いです。

ご飯も尾道ラーメンやお好み焼きなど死ぬほどうまいもんたくさんあります。

 

みなさんも是非お休みの時には尾道へ〜。

新宿から倉敷まで夜間バス片道3500円とゆう破格です!

 

それにしても帰りのお別れはさすがに寂しかった。

8504またね、ユウジ。

頑張れよ!

 

関連記事

IMG_3969

今日は。

あいかです。 きょうは、ゆうじくん26歳最後のひ! 年々、誕生日とゆうイベントにうとくな

記事を読む

f269a59e-s

こんばんわ。

今日も暑かった!!ほんとーにあつかった。。 久しぶりに頭痛がすごくて冷や汗でました。 ゆ

記事を読む

SONY DSC

群馬県安中市での古民家生活。

こんにちは、あいかです。 今日は図書館からの更新ー♪♪ 息抜きはブッダ読みながら珈琲とド

記事を読む

IMG_0006_2

お勉強。

こんばんは、あいかです。 なんかいろいろ考えてたら寝れなくなった。 只今、am2:50で

記事を読む

DSC_0044

尾道。

こんにちは。 ゆうじは無事、広島県尾道市についたみたい^^ あいかも2回尾道市には行った

記事を読む

SONY DSC

見知らぬ土地に移住してきて4ヶ月。

こんにちは、あいかです。   お久しぶりです、みなさん。 なんでこういっ

記事を読む

3329

実家を出たことがなかったあたしへの試練。

こんにちは、あいかです。   ひとりの生活に慣れてきたような慣れないようなそん

記事を読む

11864883_628155780621530_2682450826098027465_o

嬉しい報告が続々きてます。

こんにちは、あいかです。   先日の3月11日から14日までユウジが群馬に帰っ

記事を読む

IMG_0025_2

おぉ!!

昔はアメーバとかクルーズとかでblog書いてたけど いまのblogは初心者なのでわからないことが多

記事を読む

12289750_1122337821144760_3996036653322592507_n

彼との日々とゆうか思い出とゆうか・・をあいか作文にした。

こんにちは、あいかです。 今日はこの間、大好きな彼があたしの生まれ育った群馬県安中市に来てくれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑