群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.01" /> 群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.01"/>

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.01

公開日: : ユウジ 記事

01f35c067156d6068c603d7e0cf37110276e394c6e

尾道についた。

はあ、ほんとに帰ってきちまった。

嬉しいような、

怖いような。

ほんとにだいじょうぶなんだろうか。

まあ、来ちゃったんだからなんとかするしかない。

 

01d2efbd13e84177a81ba513e915add471d1d2785f

到着したらハライソ行くより、

朱華園でらーめん食べるより先にやろうと思っていたことがある。

他でもない。

今回の目的である空き家探し

その一歩目を何よりも先に踏み出そうと決めていたわけである。

 

あなごのねどこに荷物を置き、

完全にケツに火がついてきた。

よっしゃあ!!!と威勢よく立ち上がり、

おなかすいたのでまずは朱華園でらーめんを食べることにした。

 

01ea59b0db782d5a734c3e997abe26f585d29ed0d5

うまい。50円値上がりしていたがまじでうまい。

空き家探しってそもそもどうすればいいのだ。

群馬で改装した家は祖母が住んでいた空き家を譲り受けた形だが、

今回は半年間住んでいたことがあるとはいえ、

元々縁もゆかりもない土地だ。

「群馬ー広島」ってこうして文字にして並べると

圧倒的に広島ブランドの圧力に負けてる気がする。

と思ったら自信なくなってきた。

はっきり言おう。できる気がしない。

しかもおなかいっぱいで眠くなってきた。

さっそくピンチだ。

でもなんて声かけたらいいんだ。

「さーせんこんちわ家ください」なんて言ったら大根かなんかでぶん殴られる気がする。

困った。

しかし困ってる時間はない。

バカは考えてはいけない!

答えは現場にある!

朱華園を飛び出す。

017a9ebbf66559db6f7886ef07009235f7e9bf29c4

家だ。

0163eec18a60a74703b93a702013188b4f5fb5ae63

家だ。

011dee79f079f6036c5e3e9e9797e492fc96efce71

そりゃまあ家だ。

いただける気配はない。

 

歩いていると第一村人を発見する。

THE地元民的なスーパーの袋持ったおばちゃん。

いってみるか。

考えたらおじけづくから考える前にとりあえず話しかけようと軽やかなステップと爽やかな笑顔で近づく。

なんか言わなきゃいけなくなったらなんか言うだろう!

と思っていたらなんか言ったのだが自分の発言に耳を疑う。

「さーせんこんちわぼく家が欲しいんですけど」

これじゃただの変態だ

というか想像どおりの事をそのまま言っている自分の応用力のなさを嘆く。

しかし嘆くのも束の間、

おばちゃんとっても親切に応えてくれた。ないよって。

それよりあんた誰やから始まり、

瀬戸内海の毒ガス工場の話をして盛り上がったのだった。

尾道の人はロンゲに優しいというのがぼくの持論だ。

会話中3回くらい

どうしてぼくは尾道初日に見知らぬおばちゃんと毒ガス工場の話をしているのだろうと自問したが、

うれしい気持ちになったのでよしとする。

尾道移住計画の第一歩目はこんな感じで拓かれた。

とりあえず毒ガス事情についてはバッチリだ。

 

一睡もできなかった夜行バスの疲れが出たらしく、

体が突然重くなり、一度寝て起き、

香味喫茶ハライソ珈琲へ。

01f7d6449b93b1eba03d36a16ea61bce356aee95d1

 

尾道のいいところは、

悔しいほどかっこいいおっちゃんがいっぱいいることだ。

そしてかっこいいおっちゃん候補生の若者がわんさか集う。

ちくしょうかっこいいな負けねえぞと思わせてくれる人がいるのはぼくにとってなによりの喜びだ。

まあ現代の「すごい人」の代名詞ふたつである

お金と知名度はない人達ばっかだけど

それを人生の基軸に考えてないからこそ、

本当に人の心を揺さぶるほどかっこいいのだと思う。

ただ自分のド真ん中を行く。

そんな人が多い、不思議な町だと思う。

そして人間のド真ん中には共通性があるという事をこの小さな町が証明している。

やっぱいい。尾道。

01291e00078222bdba864fda63a56d884dc6195d5f

ここのマスターの存在は、

指針としての、大きい存在だった。

そんで相変わらず信じられないほどうまいコーヒーを淹れてくれた。

 

ハライソ閉店後、

店で会ったラオスさん(仮名)に連れられ、

23歳H君の経営するくそかっこええ喫茶店「satie」で夜中までコーヒーを飲みながら語る。

ぼくのやっていることを、「おもしろい」と言ってくれる人たち。

このクソしょうもないぼくという人間を肯定してくれてありがとうと、

初めて会った人たちに思っている自分がそこにいた。

おかしな話だ。

 

明日も羞恥心などドブに捨てて、バカになりきろうと思う。

そんなバカでも受け止めてくれる許容がこの町にはやはりある。

僕は僕に一切の期待もしない。

なるべく迷惑はかけないように、自分を突き落とし続けよう。

それがぼくの仕事だと、夜中の尾道商店街を帰りながら心に決める。

 

 

013082639cd0a26aace36a2280baf3c80e5b84e05a

 

PS

朱華園のおばちゃん、ぼくのこと覚えてるかなと思ったらまっっったく覚えてなかった件は確かにショックではあった。

 

 

関連記事

no image

オーダーメイドデニム Vol.02 「サンプル縫製」

オーダーメイドデニムについて。   前回はパターン製作の依頼まで終わったので、

記事を読む

no image

ブログ再開のご報告

いでです。 わけあってまた定期連載というか、ブログを書いていこうと思う。  

記事を読む

S__4562956

東チベット単独行 雑記 1

実はぼくは今、 中国四川省は成都にいる。 東チベットと貴州省の民族を巡る、 2週間

記事を読む

no image

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.02

  環境が変わり、 日々のサイクルも早いとこ形成していかねばならん。 朝

記事を読む

Hobart_pano

タスマニアのきおく

照れますが僕も照れながらなにか書いてみようと思います。 こうやって日本で生活していると、何気な

記事を読む

6378951968005

着物を解体し、再構築する。 Vol.2「素材の 収集」

作る服の路線が決まった。   尾道の着物を集めて、解体し、再構築する。

記事を読む

2015-03-12_100352

永久保存版(本当の)一人旅で聞くべき音楽10選

    僕は昔一人旅をしていた頃、旅の表面の楽しい部分しか伝えないよ

記事を読む

no image

生き恥を晒して 2016/02/01

  湘南新宿ライン19時16分発、 高崎発新宿行きの電車がゆっくりと動き出した

記事を読む

1453621382

2016年1月30日AM4:30

  努力、ってなんなのだろうか。 「努力」という言葉を目にしたり聞いたりした瞬

記事を読む

3989235981819

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.10

えー、   捨てる神あれば拾う神あり   という言葉がご

記事を読む

Comment

  1. ✳︎ より:

    初めまして、コメントを失礼します✳︎
    生まれも育ちも群馬県は藤岡市の者です。たまたまFacebookを見ていたら群馬と尾道の文字が…
    母親が尾道で生まれ育ちました、私も大好きなホッとする場所です✳︎
    母にこんな方がいるよと教えたら、群馬の人が尾道に目を向けてくれているとは!驚きと同時に嬉しくて仕方ないといった様子でした。
    朱さんのラーメン懐かしいです、食べたいなー。
    何もお役には立てないかもしれませんが尾道には母の知り合いや遠い親戚もいます。
    楽しみにブログ?拝見させて頂きたあです!!
    応援しています✳︎
    長々失礼いたしました。

    • Ace-UG より:

      えー!これはびっくりでございます!
      昨日ちょうど宿でテレビ見ていた大阪のお客さんに、中山ヒデさんって群馬の藤岡ってとこ出身なんですよと説明してました!なんかもうぐっちゃぐちゃですね。面白い。
      ぼくも本当に尾道はいいところだなと、改めて実感しております。ラーメンもお好み焼きも美味しいし、なにより人が本当に暖かいですよ。
      もしご親戚の方に連絡される用がありましたら、商店街のあなごのねどこという宿に住んでる怪しげな群馬人が空き家を探してるらしいよー、とでも言っておいて下さいませ!
      それでは空き家探しのビラ配りに行って参りますm(__)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑