生き恥を晒して 2016/02/01" />

生き恥を晒して 2016/02/01

公開日: : ユウジ 記事

 

湘南新宿ライン19時16分発、

高崎発新宿行きの電車がゆっくりと動き出したとき、

心から確かな指示が来た。

「フィッシュマンズのSEASONだ。今のお前のための曲だ。」

なので今ぼくの脳内では佐藤伸治が

「夢の中。夢の中。ああ。ああ」と

意味不明な歌詞をつぶやいている。

あの人が伝えたかったことはなんなのか、

今この瞬間だけは確かに理解できる。

みゆきぼんと、おかあさんからラインがきている。

まだ見ていない。見たくない。

 

高崎駅のロータリーでぱたぱたと手を振りながら

がんばってねじゃあね気をつけてねを繰り返すえーすを前に、

ごめんねとしか言えなかった。

なんだ、ごめんねって。

泣きながら笑う彼女を見ながら、

ぼくは生きてるだけで周りを悲しませてしまうのかもしれないなと思った。

なんなんだろう。ぼくって。

なんなんだろうなほんと、意味わかんねえな。ほんと。

 

この手の皮膚一枚ぺろんとはがせば、

そこには肉も骨もなにもないような、

ぼく自身がスッカスカのただの空洞になったようなこの感覚。

心地よくも、悪くもない。

ただ確かに、

生きているような気がしている。

今ぼくはすっごいナマの、

井出雄士な気がしている。

もっとかっこよくて、たくましいと思ってた。

 

人に迷惑だけはかけずに生きたかった。

なぜか。嫌われたくないからだ。

なぜか。嫌われたら傷つくからだ。

そのくらいはできると思っていた。

でもどうやら無理らしい。

生きるだけで人に迷惑をかけてしまうのがぼくという人間であるなら、

むしろ「人に嫌われる」のがぼくの人生で、

嫌われて傷つくことで流れた血が、

ぼく自身なんじゃないか。

 

ついにやってきた出発日の今日は、

一日中晴れることも雨がふることもなく、

ずっと中途半端な曇り空だった。

電車乗る前に駅で買おうと思ってたユニクロのセーターは、

高かったからやっぱ買わなかった。

改札通ろうとしたらスーツケースがひっかかって、

隣の女子高生に笑われた。

 

それがぼくだ。

 

そしてあの女子校生が、

「昨日駅で改札通ろうとしたらさー」と

明日学校で友達に話して笑う事が、

 

ぼくが手に取ったあのセーターが、

まだ高崎モントレーのユニクロに置いてあるという事が、

 

明日の太陽がぼくの足跡を照らしたり、

雨がそれを流したりすることが、

 

ぼくという人間が生きている証拠だ。

 

それだけだ。

 

生き恥を晒して生きようと思う。

 

もういい。それでいい。

 

北上尾に着いた。

お出口は、右側らしい。

関連記事

no image

ブログ再開のご報告

いでです。 わけあってまた定期連載というか、ブログを書いていこうと思う。  

記事を読む

FKA_Twigs

Fka Twigs のススメ

おはこんばちわ。ユウジです。   突然ですが僕は写真とブログデザイン担当なので

記事を読む

6378951968005

着物を解体し、再構築する。 Vol.2「素材の 収集」

作る服の路線が決まった。   尾道の着物を集めて、解体し、再構築する。

記事を読む

no image

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.02

  環境が変わり、 日々のサイクルも早いとこ形成していかねばならん。 朝

記事を読む

img_6287

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.07

        &n

記事を読む

S__4562956

東チベット単独行 雑記 1

実はぼくは今、 中国四川省は成都にいる。 東チベットと貴州省の民族を巡る、 2週間

記事を読む

no image

最終章 / 群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか

以下の文は2016年8月に書いてあったもので、その記事を上げた今日は2017年7月5日です。

記事を読む

main@2x

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.04

いやはやもうえらいもんで、、 尾道来てから早10日、 この10日で群馬の半年分はしゃべっ

記事を読む

01980e4a91daf5aa87b13c99cf37166aee36349814

エチオピアシダモG2は流れに抗わず

    ぼくのなかには決して起こしてはいけない、もうひとりの僕がいる

記事を読む

shibuya

死ぬな生きろ

  また一人、古い友人が自ら命を絶った。   彼とは中学時代、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑