グジャラート、カッチ地方の情報まとめ。塩砂漠編" />

グジャラート、カッチ地方の情報まとめ。塩砂漠編

公開日: : 最終更新日:2015/02/14 インド, ブージ

ブログのランキングに参加しています。クリックして頂くとポイントが入ります。
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スマホのかたはこちら
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

 

どうもです。

三回にわたってきっちりとカッチの情報を提供しております。
最後は塩砂漠について。

カッチに足を運ぶ旅人達の多くは民族やテキスタイルが目的だと前回お伝えしましたが、
カッチ湿地北部に広がる塩砂漠『ホワイトラン』も大変有名です。

DSCF9985
シーズンなのもあって宿で知り合った人達もみんな行っていました。

 

まず初めに、大して興味なかった僕が行ってみての感想を述べると、

あれ!なにこれ!なにこの気持ち!スゴイ!ゴイスー!

って感じで、ちょっと悔しいくらいに感動してしまいました。

上半身裸になって地平線まで笑いながら走りつづけたりしました。

遠くから猟銃かなんかで撃たれるんじゃねえかと心配でしたが大丈夫でした。

 

というのも辺り一面、地平線まで真っ白の風景なんてドラゴンボールの精神と時の部屋くらいしか知りませんでしたし、
知っててもこういうのは実際に自分がその場に立ってみて『体感』しないと絶対にわからないものですね。

なので着いてすぐに

「これはいくら写真撮ったって伝わんねえわ。」

と思い写真を撮る気もなくなりました。
そんな感じです。

 

あいかちゃんが書いたホワイトランの記事はこちら→『ホワイトランへ行って硬直からのトランス状態。そして人の温かさを実感したひ。

 

あいかちゃんも一緒に行ったしおりちゃんも塩砂漠に感激してました。

DSCF0014

DSCF0137

女の子ってこういうの好きですよね。ろまんちっくだからです。

 

僕のFBのタイムラインもウユニ塩湖が鏡張りになるシーズンになるとイヤミなほどウユニの写真が大量に流れてきます。

 

女の子はろまんちっくが大好きですね。

 

僕はろまんちっくに浸る前にここってナメクジにしたら想像し得る最大の地獄なんだろうなーとかそういう事ばっか考えちゃいます。

 

シーズン

 

この塩砂漠が見れる時期は限定されています。

 

乾期の12月〜3月。

 

この時期以外は海水が満ちてきちゃって一面塩じゃなくなっちゃうらしいです。
雨期の6月〜9月になると一面海水になって、塩砂漠とは遠く離れた絵になるそうです。

しかしあえてこの塩砂漠が全然チヤホヤされてないこの時期に行ってみたいな、とかひねくれ者のぼくは考えてしまいます。

そういう無駄だと言われる事をあえてした方が、旅としては有意義だったりするから不思議です。
帰国してからわかることですけど。

 

行き方

 

ブージから北へ83キロに位置する街『ドルド』が塩砂漠の入り口になっています。

僕らはいつも通り自力でローカルバスで行きましたが、あまりおすすめできません。

というのも帰りのブージ行きの最終バスに間に合わず、
行きのバスで知り合ったインド人の恩恵に甘えさせて頂いて早朝発のバスに乗る事ができましたが、
ただ運が良かっただけです。

 

本来ならドルドからブージまでリキシャー代1500Rs払うか、一泊2000-3000Rsの高級ホテルに泊まらないといけない状況でした。

 

なので大半の人がブージからリキシャーをチャーターして往復しています。

チャーター代三人までの小リキシャー(ふつうのやつ)が一台1500Rs前後。
なので3人なら1人500Rsでいけます。

もちろん運転手付きですよ。

帰りにこの村見てみたい!とかいう要望にもある程度答えてくれると思います。

塩砂漠近郊の村々に住む美しい民族を是非見てみて下さい。

4人で乗ってる人達もいましたが、まぁ狭かったと思います。

片道1時間ちょっとくらいかかるし、リキシャーはご存知の通り風通し抜群な仕様となっていますのでご注意ください。

基本的に4人以上だともう少し大きいリキシャーになります。
値段はすいません。わかりません。

 

リキシャーの手配は宿のおっちゃんに相談すれば翌日出発でも大丈夫です。

1人で行きたくない方もシーズンに行けば宿に泊まってる人で同じような心境の人は必ずいますのですぐに見つかります。

ブージまでの行き方についてはこちらに簡単にですが書きました。

 

宿泊について

 

安宿はありません。完全にありません。

まず、ドルド自体がシーズンになるとイベント仕様に模様替えするため、一面に番号付けされた民芸品を売る店やフードコートで埋め尽くされています。
インド人のリゾート、という感覚なのでしょう。高級な宿泊施設しかありません。
一泊2000Rs〜3000Rsらしいです。

 

少し離れた村で500Rsで一泊ホームステイした、というスイス人がいましたがそれも出会いの運が良かっただけだと思います。
基本的に安宿として運営しているような店はありません。

なので泊まるなら高級な宿泊施設の一点で考えていたほうがいいでしょう。

 

立地も塩砂漠の目の前で、スンゴイ綺麗でしたよ。

 

一泊するなら念のためパーミッションをもらう時にドルドに宿泊する旨を伝えておき、2日間分またいだ日付でもらいましょう。

 

パーミッション(入域許可証)について
塩砂漠へ行くにはパーミッションの取得が必須です。

といっても日本のようにオカタイ感じで考えなくて大丈夫です。

 

必要書類
パスポート
パスポートのIDページのコピー
パスポートのインドVISAの貼られたページのコピー
外国人料金1人100Rs

 

をビランディアラ北にあるチェックポストに持っていけばいいだけです。
宿のおっちゃんに言えば1枚5Rsでコピーも撮ってくれますし、
リキシャーで行く時も何も言わずともチェックポストで止まってくれます。

チェックポストで必要書類と1人100Rsを払うと許可証(A4サイズの紙)をもらえます。

塩砂漠入り口にでっかい鉄砲かついだ人達がいる受付がありますので提出して塩砂漠へ入りましょう。

 

さてこつんなかんじでしょうか。

カッチのまとめ情報も今回の塩砂漠編で終わりです。

日記ではないのでこの記事を読んでいただいた方の多くは塩砂漠へ行く事がなんとなく決まっている方が多いのかもしれません。

是非カッチ文化の魅力に触れる旅を、存分に楽しんで下さい。

 

 

最後に塩砂漠に行く際の注意点。

こちらの塩砂漠がどこの国に属しているかを忘れちゃいけません。ここはインドです。

ろまんちっくになろうとしてもインド人観光客が一緒に写真撮って!!だのウィッチカントリー!?だの。
はっきり言って。
クソヤカマシイです。

入るや否やその異世界模様に
ウッワーーースッゲーー写真撮ろーーーーー!!
となる前に、とりあえず歩き続け誰もいない地平線の彼方まで歩いて行かれることをおすすめします。

 

 

 

 

ブログのランキングに参加しています。クリックして頂くとポイントが入ります。
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スマホのかたはこちら
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

関連記事

DSCF8723

バラナシで過ごした3週間の思い出。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いします

記事を読む

DSCF2916

インポート好き必見!買い付け致します。

  どうもこんにちは。 あいかです。   前回のゆうじく

記事を読む

DSCF7969

バラナシ初体験のあたしの心境。

 1日1回クリックして頂けるとランキングがあがります! めんどくさいと思いますが読む前にクリックを

記事を読む

DSCF0779

ゴア。あまりうまくいかないです…。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いしま

記事を読む

DSCF9025

ジャイサルメールの思い出話とサリーが表す小宇宙

下のバナーをクリックして頂くと票が入る仕組みになっていますので、よろしければお願いします。 ↓ ↓

記事を読む

DSCF0622

ゴアはサイケだけでなく本当の何かがあるんです。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いしま

記事を読む

DSCF2360

まじで恋する5秒前。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いしま

記事を読む

DSCF2194

また前を向いて頑張ろうと思い直した。まだ帰れない。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いしま

記事を読む

DSCF2954

リシケシでおすすめの場所。リシケシ大好きです。

おはようございます! リシケシに来てから毎日、朝7時にアラームをかけて7時半までゴロゴロすると

記事を読む

DSCF2755

今までのあたしと、これからのあたし。

こんばんわ。 どうもあたしです。   さっそくですが前回の記事へのダメ出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑