バラナシ的な、あまりにバラナシ的な" /> バラナシ的な、あまりにバラナシ的な"/>

バラナシ的な、あまりにバラナシ的な

公開日: : インド, バラナシ

すんませんがランキングに参加していますのでクリックしてもらえますでしょうか
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スマホのかたはこちら
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

 

おまえそろそろ書けや。的な視線が隣からチクチクするのでこんにちわ。

忘れた頃にやってくるぼくです。

タイトルは今ニーチェ読んでるから付けただけでしてなんの意味もありません。

 

最近はバラナシで過ごしていますが、ここってこんなに居心地良かったっけ?って感じです。

前回ここに来たときはたしか4年前くらい。

忘れもしない、ブラジル人ヒッピーのカルロスとの旅の道中だった。

298746_2135599387546_1341761174_n

何十年ぶりだかの大豪雨でバラナシ行きの電車は浸水してびしょびしょ、

バラナシついたらガンジス川が増水により氾濫、町中がヒザ下まで水に浸ってた。

全住民が強制的に沐浴せざるを得ない状況。

そこらじゅううんこ浮いてるし、

ゴードウリヤー(中心の交差点)の地面にいたっては陥没してるし散々だった。

 

水浸しのバラナシを水とうんこをかきわけてカレー屋に向かう日々。

 

いつも通りインド人観光客に囲まれドレッドを触られまくりながらカレーを食べていると、

カルロスが思いついたように一時停止し

 

「ニドトクルカコンナトコ!!オメーライイカゲンニシロ!!ダマッテカレークッテロ!!!!」

 

的なことを声高々にポルトガル語で叫び散らしたのを機に、

そそくさとまたギュウギュウ詰めの電車で逃げるようにアグラーへ向かったのはいい思い出である。

 

315650_2213310130266_432690133_n

 

(外国人と旅をする際、母国語が出たら限界のサインです。)

 

そしてその電車内で食べたカレーで大当たりしたカルちゃんをアグラーで付きっきりで1週間看病する事になったのもいい思い出である。

 

刮目すべきはこのパートナーのギャップである。

方や、拾ったママチャリで野宿しながら1年かけて南米一周するようなドヒッピー、

そして二度目のバラナシにまさかタカヤナギさんちのアイカちゃんと来る事になるなど、

当初ミジンコの産毛ほども想像していなかったのだから人生は不思議なもんですね。

 

 

さて、毎度おなじみ大規模な脱線を経て、本題に戻りますが、

肝心の本題がなんだったのか忘れましたので、

とりあえず今日の出来事を書き綴っておけば間違いないかと存じます。

 

バラナシで出会った胃が弱いダンサー、ゴメちゃん(Blog)の予定に便乗し、

ダンススクールにお邪魔してきました。

 

と景気よく言いましても何事もすんなりいかないのがインドでございます。

DSCF8505

 

サイクルリキシャーでスクールまで優雅なクルージングを楽しんでおりましたら

 

「ガゴンッ」

 

と景気のいい音とともにリキシャーがぶっ壊れ、

修理に付き合わされる事になりました。

DSCF8507

 

おっちゃん途中でイライラして来たのか「だー!もう知らん!」とめちゃくちゃやりだしました結果

 

DSCF8509

コンブみたいの落ちてきました。

 

何故リキシャーの金具んとこからコンブが落ちてくるのかは好奇心が彗星の如く走りぬけますが

ここは決まり文句「ここがインドだから」で片付けるべきだと思います。

 

リキシャーの金具んとこからからコンブ落ちてきたっていいじゃないかインドだもの

 

コンブ詰まりが解消され直ったらしいリキシャーでダンススクールにつくと、

先にバイクで向かっていたゴメさんはダンサースイッチが入っており、すでにバキバキでございました。

DSCF8554

遠い昔、伊勢崎のクラブ「LUV」のお立ち台でパラパラと踊る過去の自分の姿と重ね合わせるように、

ゴメの華麗なダンスを呆然と見つめる元バキバキのアイカさんですが

DSCF8531

 

 

 

この幼少期のアイカさんに酷似した女の子が現れた後、

 

DSCF8542

 

状況は一変します。

 

DSCF8533

おでこをぴかぴか光らせながら小気味よく踊りだすアイカさん。

最初は彼女に何が起こっているのか理解できませんでしたが

きっと小さい頃の自分に向けて踊っているのだと思います。

私はファインダーを覗きながら涙を隠すのに必死でした。

ダンスは心を繋ぎますね。

DSCF8538

※足が若干短く見えますがそれはフォトショップの加工によるもので実際は13頭身あります。

 

DSCF8563

背負わされた期待を胸に懸命に踊るミニアイカを微笑ましく眺め、

ゴメちゃんはヘトヘトになるまで踊り尽くし、

DSCF8573

先生方と記念撮影をし、

 

今後バックパッカーとしてのパッキング能力が極限まで問われる事になるであろう素晴らしいお荷物記念品まで頂き、

DSCF8579

皆と握手を交え、帰路についたのでした。

ダンサーの先生方はとても親切な方々で、帰りのリキシャー代まで払ってくれました。

 

ゴメは子どもにダンスを教えながら世界一周していて、

ここバラナシで始まった伝説のヘタレ番組「アイカチャンネル」の企画、編集、撮影までこなしてくれる胃腸が弱めなナイスガイでございます。

是非アイカちゃんと共に、彼の旅も応援してあげて下さい。彼のブログはこちら

 

そんなゴメと作っている「アイカチャンネル」続々と上げますのでご期待下さい!

次回は 〜アイカちゃん販売員になる〜 です。

大して面白くないですがイライラして面白いかもしれません。

今日中に通知も兼ねてもう一記事アイカさんが上げると思いますので。

 

それではアディオス。よい1日を。

 

お読み頂いてありがとうございます。
ランキングやってましてこいつをクリックしてもらってもいいでしょうか
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スマホのかたはこちらですすんません
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

P.S しつこいですがこの動画がんばったからみてね

関連記事

no image

旅動画 前半 総集編

あけましておめでとうございます。 旅の様子をまとめてみました。 一度編集データが全部消え

記事を読む

DSCF7969

バラナシ初体験のあたしの心境。

 1日1回クリックして頂けるとランキングがあがります! めんどくさいと思いますが読む前にクリックを

記事を読む

20110629_1922190

ゴアトランスの聖地にまさか自分が来れるとは!

 1日1回クリックして頂けるとランキングがあがります! めんどくさいと思いますがよろしくお願いしま

記事を読む

DSCF0034

ホワイトランへ行って硬直からのトランス状態。そして人の温かさを実感したひ。

1日1回クリックして頂けるとランキングがあがる仕組みになっています。 クリックよろしくお願いしま

記事を読む

IMG_8267

インド最後にして最大で最悪の事態進行中。

こんにちは、あいかです。   ブログをたった1日更新しなかったあいだにとんでも

記事を読む

DSCF2978

あたし達が次に向かった場所はあの強烈な街・・。

おはようございます^^ あいかです。   もう丸3日頭洗ってないです。

記事を読む

DSCF7590

ハンピの夕陽で感動してたらインド人に囲まれる

 1日1回クリックして頂けるとランキングがあがります! めんどくさいと思いますが読む前にクリックを

記事を読む

image55

フランシスコ・ザビエルのミイラを見に行った話。

 1日1回クリックして頂けるとランキングがあがります! めんどくさいと思いますがよろしくお願いしま

記事を読む

S__9330691

さよならインド。超濃密な日々を最後までありがとう。

前回の記事を見てくださった方からたくさんお問い合わせ連絡頂きました。 ご心配おかけしてごめんな

記事を読む

ダウンロード

チャイは流れに抗わず

  20歳の時にはじめて日本を離れ、その後多くの時間を海外で過ごしてきた今、客観的に

記事を読む

Comment

  1. あき より:

    がんばったのわかるけど、選曲に意義あり。

  2. あき より:

    なんか、アジアの雰囲気感なくて。笑

  3. […] バラナシ的な、あまりにバラナシ的な おまえそろそろ書けや。的な視線が隣からチクチクするのでこんにちわ。忘れた頃にやってくるぼくです。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑