タスマニアのきおく" />

タスマニアのきおく

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 ユウジ 記事

照れますが僕も照れながらなにか書いてみようと思います。

こうやって日本で生活していると、何気ないときに旅の記憶がフラッシュバックする時があります。

さっき車に乗ってて思い出した事です。忘れないためにも、書いておきます。

 


 

2011年冬、僕はオーストラリア、タスマニア島のホバートで、走行距離40万kmを超えるオンボロのバンを一人で運転していた。

224262_1810712705582_5984636_n

車体から常になぞの液体を垂れながしつづけるオチャメなやつだった

 

街中で信号待ちをしている時、ふと隣車線で信号が変わるのを待つ車を見ると、同じようなボロいバンに、金髪の若い男女が詰め込まれている。

こいつらも車で旅してるのかな、と思って見ていると助手席の男と目が合う。

オッス!と言って手を上げて挨拶すると同時に相手の目が輝き、なんだこのアジア人とばかりに楽しそうに笑う。後ろの女の子も笑ってる。

青になったので車を走らせ次の信号でまた止まる。
隣に車が止まったのでもしやと思い見てみるとさっきの奴ら。助手席の男が話したのか今度は全員が興味深そうに笑いながら窓を全開にして僕を見てる。

「ハーイ!君は何で頭にタオルを巻いてるんだい!?」

そんなに目キラキラさせながら聞くことかいと思いながら返答に困る。わかりやすいドイツ人の訛りだった。
はやくしないと青になっちゃうので適当に言った。

僕「なぜなら私は日本人!ブッディスト(仏教徒)だからね!」

ド「How cool!!!(イカしてる!)」

いかしてねえし適当だけど向こうの車の中すごい盛り上がったからいいとする。

ド「どこで買えるんだい!?」

僕「買えないよ!特別な人だけ手に入る!」

ド「そうか悔しいなそれめちゃんこクールだぜ!どこに宿とってんの!?今夜うちらと飲もうぜ!」

僕「今日出るとこなんだよ!このまま北上する!」

ド「Shit!!いい出会いだったのにな!友情の証にこれあげる!」

といってフロントガラスにくっついていたヤモリのぬいぐるみをくれる。
向こうの車はなぜかテンションブチ上がってて、食べ物やらなにやら色々くれる。

「ありがと!」といって僕も頭に巻いてたタオルをあげようとするとその動作を見てそれくれるの!?と狂喜乱舞するドイツ人達。

やばいなダイソーのタオルのハードル上げすぎた、と若干の罪悪感を感じつつタオルを取ろうとすると後ろから猛烈なクラクション。とっくに信号は青になってたようだった。

僕「ごめん追いかけるから先行って!」

ド「オッケー!!フォローミー!ヤフーーウ!!」
と興奮気味に元気よく走り去るも、加速が異常に遅い僕の車は一瞬で見失ってしまう。

あんなにいい奴らだったのに、と後悔の念が収まらず街中をひたすらぐるぐる回り続けるも、見つからない。せっかく5人分のカラフルなダイソーのタオル全部引っ張りだしたのに。

1時間近く運転し続け、もう無理だな、、と街から出るため大通りに出る。
すると反対車線の彼方から奴らの車が走ってくる!同時に車の左右の窓から手が大量に出てきてなかなかシュールな絵だった。やっぱり向こうも探してたようだ。

向こうの車のかわいい女の子がアクロバティックに身を乗り出して手を伸ばす!嘘だろ命懸けかよ!これ100円だよ!という溢れでる本音を抑えつつ、僕も運転しながら懸命にタオルを外へ突き出す。
可憐なドイツ人の女の子の顔がキャッチの瞬間苦痛でおぞましくなったが、見事にキャッチ!時速50キロ!

興奮の叫び声は瞬時に後方へ消えていったが、車から身を乗り出してみんながずっと手を振ってくれている。
僕もずっと手を振り続けた。

おそらく一生忘れない、名前も知らない人達との出会い。

 

関連記事

buaisou011-820x510

藍染め集団「BUAISOU」との出会い

  2016年10月20日、 引き寄せられた出会いの渦は先日、バスタ新宿4F乗

記事を読む

WEBslh-02

2月6日夕刻の浄泉寺におけるスーパーローカルな事情

この尾道という街には、 「れいこう堂」という伝説的なレコード屋がある。らしい。 多くの著

記事を読む

main@2x

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.04

いやはやもうえらいもんで、、 尾道来てから早10日、 この10日で群馬の半年分はしゃべっ

記事を読む

img_6287

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.07

        &n

記事を読む

01f35c067156d6068c603d7e0cf37110276e394c6e

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.01

尾道についた。 はあ、ほんとに帰ってきちまった。 嬉しいような、 怖いよう

記事を読む

shibuya

死ぬな生きろ

  また一人、古い友人が自ら命を絶った。   彼とは中学時代、

記事を読む

01f456588aa456de705dd1adf409fa76f6b75dfcaf

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.05

さっそく鬱っぽくなってるようだ。 天気もあってかこの3日の気分の沈みっぷりったらない。

記事を読む

4041151287647

群馬人が尾道で空き家を見つけることはできるのか Vol.11

こんにちわーあ^^   言い訳はしない!めんどくさくて記事書けませんでした!

記事を読む

S__4562956

東チベット単独行 雑記 1

実はぼくは今、 中国四川省は成都にいる。 東チベットと貴州省の民族を巡る、 2週間

記事を読む

01980e4a91daf5aa87b13c99cf37166aee36349814

エチオピアシダモG2は流れに抗わず

    ぼくのなかには決して起こしてはいけない、もうひとりの僕がいる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • メールアドレスを入力して購読ボタンを押すと、 記事の更新通知が届くようになります^^

  • 真逆のふたり。どうなる?

    5年間世界を旅していた過去をもつユウジと、27年間実家をでたことがないアイカ。こんな2人の世界旅。おもしろい。

PAGE TOP ↑